漁書日誌 3.0

はてなダイアリー廃止(201901)を受けてはてなブログに移設しました。

日夏耿之介

窓の次は趣味展

いろいろま理由でゲルピンであり、趣味展目録で一点欲しいものがあったのだが自重した。そして趣味展初日である。 いつもよりはちょっと早め、9時40分くらいには会場に到着しただろうか。一服してから列び、9時50分には地下の会場前にギュウギュウとなる。10…

奢霸都南柯叢書

ホフマン/石川道雄訳『黄金寶壷』(南宋書院)昭和2年3月15日発行。 凾欠、800円。 これは冒頭の日夏耿之介の言葉。でもこれは今日のぐろりや会で拾ったものではない。 強風のせいで、電車がストップ、本来ならば国会図書館へ立ち寄って、その後に古書展会…