漁書日誌 3.0

はてなダイアリー廃止(201901)を受けてはてなブログに移設しました。

古書展のない週末

今週は古書展がない。しかし金曜日、所用で神保町に出てきてしまったので、古書を買い、その帰り際に鴎外記念館に立ち寄り「鴎外遺産」展に赴いた。

鴎外記念館に来たのは2度目だが前回は確か震災の前でもう10年以上ぶりである。今回は新たに発見された鴎外宛の大量の書簡から目ぼしいところがピックアップされ展示されている。図録を買おうと思ったが、展示そのままだしなあと躊躇していると過去の展覧会図録も並んでいたのでそこから興味のあったものを購入。2014年にやった「流行をつくるー三越と鴎外」展図録である。表紙色に赤と青とあるがどちらが良いか聞かれ青にした。前にオークションなんかに出ていてそこそこの値段になっていたので記憶していたのだが、普通に定価で買える。それから、今から60年前に制作された鴎外記念メダル1500円というのがあったが買わず(元々は化粧箱入りでもっと高かったそうだが化粧箱のない状態の在庫を並べておりこれが結構売れているとの由)。永井荷風による鴎外の「沙羅の木」揮毫複製というのが200円というのでついでに買ってきた。

佐藤春夫訳「毛皮を著たヴィーナス」(講談社昭和32年12月1日初函100円

鈴木健一編「明治の教養」(勉誠出版)1200円

これは鴎外記念館に行く前に買った古本。

帰宅してみると、ネットで購入したものと先日届いた扶桑書房目録で注文した本が届いていた。

OSミュージック「三島由紀夫の不道徳教育」パンフ2500円

東宝潮騒」パンフ550円

日劇ミュージックの大阪版OSミュージックで上演された「不道徳教育講座」のパンフである。といってもあのエッセイをそのままというのではなくってある程度のお話にして、例えば当時三島が見聞してきたヴードゥー教の儀式のシーンとかが挿入されている。脚本は三島ではないが原作者として色々と意見したようである。それから東宝映画「潮騒」は1971年のもので、これはいまだにソフト化されていない。いくつもある「潮騒」映画化の中では一番好みなのだがパンフはあまり見かけず、今ようやく。

小栗風葉「化粧競」(嵩山堂)明治44年6月25日3版6500円

深沢七郎「東京のプリンスたち」(中央公論社)昭和34年11月30日初版函帯2000円

こちら2点は扶桑目録での注文品。もう1点注文していたものは売切れ。風葉作品の中ではこの作品は駄作に数えられているそうだ。木版口絵は春汀。そして深沢七郎の本はとうに所持しているが、帯欠だったのでこれで完本。帯文は三島由紀夫。本体はドイツ装というのか角背の部分と表紙部分が接着されているような造本。

古書展もないのにかなり散財してしまった。また古書を売らないとならない。それというのも、ここのところ三島演劇の上演が連続してあって、貧乏書生にはチケット代だけでもなかなか馬鹿にならないからだ。

遊戯空間公演妖話会「サーカス「班女」@プロトシアター

で、土曜日は上記の上演に行ってきた。生演奏付きの朗読劇。プロトシアターという小屋は初めて行くところで高田馬場から徒歩10分くらい。ごく小さな町工場を改造したような感じ。11月19日夜。

年内ラスト趣味展

さて、趣味展である。年内ラスト。9時50分くらいに古書会館に到着。

会場の外、一列に並ぶのではなくジグザグに並んでいる。55分くらいに正面のガラス戸が開くもピロンピロンの検温機が案外時間がかかっていて、階下の帳場のところに来た時にはとうに開場していた。扶桑の棚に向かう。奥、2棚のみ。しかも片方は目録掲載品が半分以上。補充される本も白いのが多く、なんだかやたら辻邦夫が多かった。御店主に聞くと、最近はもう白っぽいのばかりだとの由。それでも細かく見ていき、何冊か抱える。会場をぐるっと一回りしてから、取り置きしてもらい食事に出る。その後茶店で一服してから再度会場へ。サッと見て、お会計。そんなつもりはなかったのだが、結構買ってしまって頭を抱えている。

末廣鉄腸「政治小説 戦後の日本」前篇(青木嵩山堂)明治28年12月15日初版800円

末廣鉄腸「政治小説 花間鶯」(青木嵩山堂)明治29年4月10日合本4版1000円

どちらもなかなかいい木版口絵がついていたので。「戦後の日本」前編はすでに買って持っているが、所持本は状態が頗る良いけれども口絵欠だしと(帰宅後に確認してみると所持本もしっかり口絵付であった)。それと奥付の発行日が貼紙訂正されていて、これはもしかしたら原稿のネタになるかもと。「花間鶯」は前に金港堂から出ていた上中下を青木嵩山堂から出すにあたって合本にしたもの。三版の序がついている。

岡本竺編「女宝」(金桜堂)明治25年1月こはぜ欠400円

小栗風葉「青春 春の巻」(春陽堂明治38年10月7日初版見返痛1500円

小栗風葉「青春 夏の巻」(春陽堂明治39年1月17日初版見返痛1500円

永井荷風「あめりか物語」(博文館)明治42年8月25日4版背割800円

「女宝」は面白い装幀で、一見帙入りなのだが、こはぜを外し帙を開くと、帙の表紙がそのまま本体の表紙になっているというもの。「あめりか物語」は綺麗な重版が前々から欲しく、今回見つけたこの本はそれに十分応えるものであったが、残念ながら本体が背中で真っ二つに割れている。

市島春城「小精廬雜筆」(ブックドム社)昭和8年11月25日外装欠シミ300円

斎藤茂吉「赤光」(東雲堂書店)大正7年5月20日三版1000円

春城の随筆は背革装の表と見返しがマーブル紙。革は何の革だろうか。「赤光」は、というか茂吉に興味はないのだが、なぜか手に取り購入してしまった。

ベッカー「美の果無さと芸術家の冒険性」(理想社昭和13年4月20日再版300円

「六世中村歌右衛門襲名記念号」昭和26年4月4日200円

ベッカーのは戦前の訳本を初めてみた。戦後の訳本は所持しているが、戦前のこの版のものを足穂などは読んだのだろう。歌右衛門のは筋書きというか、公演ではなく歌右衛門の襲名を記念したパンフ。発行元の記載なし。谷崎などが寄稿している。

川端康成朝雲」(新潮社)昭和20年10月25日初版300円

山崎晃嗣「私は天才であり超人である」(文化社)昭和24年12月25日初500円

秋山清「白い花」(コスモス社)昭和41年11月15日手紙付署名入400円

山崎のは無削除版であった。秋山清は全く読まないのだが、献呈署名と別に書簡が挟まっていたので。

しかしまあ、買いすぎである。寝不足でぐったりしながら帰途。

 

 

神田古本まつり2日目

2日目の土曜日、快晴。10時スタートだが、10時半過ぎに靖国通りに到着。ざっといくつかのワゴンを見てから、すずらん通りのブックフェスティバルを見て回る。新刊書店が在庫を割引価格で放出するのである。

3年ぶりということもあってかかなり混雑。往時そのままのような感じであった。狙いは学術系の本。定価が高く、古書やらマケプレでもあまり安くなていないものをどれだけ安く買えるのか、というのが目的であった。この後に予定があったので、複数冊買ったら宅配で自宅へ送ろうと思っていた。

まずは前にも買った工作舎の紙型。活版印刷で使う紙型である。図版が入っているのありませんかと聞くと、在庫全部見せてくれたので、図版と写真の図版とどちらにしようか迷って結局前者を購入。今思えば写真製版の見本として後者を買えばよかったなとも。狙っていた本屋のワゴンを見たが、そういうところは2割引で、2割引程度なら急ぎではない本は古書やマケプレでもいいやとスルー。おそらくは、最終日の閉場間際になるともっと割引率高くなるか値引き交渉で安くなるだろうが、明日は行けないので仕方がない。一つだけ印象に残ったブースは、国書刊行会。大きい、重い本などが半額でここは余裕があったらあれこれと買っていただろうなあと。

で、結局購入したものは以下。

紙型「本朝幻想文学縁起」(工作舎)1000円

松井祐美他編「前衛美術と「古典」古典主義再考Ⅱ」(中央公論美術出版)1900円

「古典主義再考」は1も2も定価半額。1も欲しかった。

紙型は薄いからいいとして、1冊だけ買った本を宅配便するのはどう見てもコスパが悪い。仕方ないとこのまま持っていくことにした。

というのは、土曜日昼過ぎの高速バスで山中湖へ行かなくてはならなかったからである。

************

10月30日の日曜日は、ホテルマウント富士にて三島由紀夫文学館レイクサロン。今年のゲストは平野啓一郎氏。

久方ぶりの特選&青展

コロナでずっと中止続きであった神田古本まつり、今年はようやく開催ということで、久々に赴いてきた。まずは古書会館での特選。9時50分くらいに会場到着してみると、20人くらい並んでいたか。私が最後尾に着くと、その後も10人くらい並ぶ。趣味展よりは少ない、という印象。

10時、開場。まずはあきつ書店の棚に向かう。混み合っている。前に見た本もあるけれども、前よりも値札が安くなっているような。それからけやき書店、かわほり堂、魚山堂と回る。11時半ごろ、帳場に取り置きを頼んで、会場を出る。

次は青展会場。駿河台下交差点から靖国通り沿いにズラリと古本ワゴンが並んでいる。サイン本1冊200円というワゴンがあったので、どれと覗いてみると、お、これはというのがあって購入。それからざっと流して見ていくが、目につくのは新刊の学術書でどれだけ安くなっているかというくらい。そして盛林堂書店のワゴンについた。ご店主に挨拶される。かなり混んでいる。胡蝶本から戦後ミステリ系まであれこれとある。まずはと、三島の本を1冊。

それから友人らと合流、喫茶ラドリオへ行く。ラドリオ、年末にここを立ち退いて移転するというニュースを聞いたばかり。

さて、その後、交差点を渡って北沢書店の先の方くらいまで一応見ていく。ただし買ったものはなし。途中、古書いろどりのワゴンに立ち寄り、寄稿したペーパー「国会図書館は本だけじゃない」著者分を頂戴する。そして古書会館へ戻るさ、盛林堂ワゴンの前を改めて見ると、補充をしている。ここから数冊を吟味して購入。全て500円の本。

三島由紀夫「遠乗会」(新潮社)昭和27年2月5日2刷カバ500円

夜の会編「新しい芸術の探求」(月曜書房)昭和24年5月5日500円

 

岩橋邦枝「逆光線」(三笠書房)昭和31年7月25日初版カバ帯月報署名200円

深沢七郎「東京のプリンスたち」(中央公論社)昭和34年11月30日初版函500円

ジャリ(伊東守男訳)「馬的思考」(サンリオSF文庫)カバ500円

「遠乗会」は2刷だったけれども逆に見たことがなかったので購入。深沢七郎のは持っているけれどもこちらの方が所持本より綺麗かもと。「馬的思考」は20年前に神保町の書肆ひぐらしだったか、これは最安値だろと2500円で買ったと思う。500円で綺麗なのがあったので悔しくて購入。ここまでは盛林堂のワゴン。「逆光線」はサイン本200円均一の他の古本屋で。女慎太郎と言われた岩橋のこれは帯つきで欲しかったもの。ただし署名は晩年のものだった(署名入れてもらった日時場所メモの付箋がついていた)。

それから古書会館へ行って、改めてあきつなどの棚を見ていく。いくつか戻し、いくつか抱え、ようようお会計。買ったのは以下。

巌谷小波「かた糸」(春陽堂明治25年5月25日少痛500円

草村北星「相思怨」(隆文館)明治39年10月20日8版1200円

小波のは文学世界シリーズの一編。前にも買ったけれども安いので。北星のは春汀の木版口絵入りだったので。これは絵柄もよくちょっと嬉しい。

村上浪六「倉橋幸蔵」(青木嵩山堂)明治35年4月2日印少痛600円

伊藤銀月「最新東京繁昌記」(内外出版協会)上巻明治36年2月20日背補修300円

浪六のは年方木版口絵。銀月のはちょっと面白そうで。

横光利一「機械」(白水社昭和6年4月10日初版凾付1200円

長田幹彦「青春時代」(出版東京)昭和27年11月10日初版カバ付300円

大木実「あの舞台この舞台」(劇評社)昭和30年12月14日初版300円

「機械」を適価で入手できたのはよかった。佐野繁次郎装幀。この頃の白水社の造本はどれも好みである。

かなり抑えたつもりであったが、明日のすずらん通りブックフェスもあり財布の紐はきつく締めていきたいものである。

 

神保町から渋谷

昨日の今日だが、今日も夜に必要があって都内に出る。ということで、昨日行けなかったぐろりや会古書展に赴く。

ザーッと回って、これはちょっと欲しいというのを見つけたのだが、高い。高いと言っても千円だが。ピャッとお会計。

野尻草雄「一高ロマンス」(大仏出版)復刻版合わせ函100円

劇団山王第2回公演パンフ1100円

NLTプロデュース都民劇場新劇サークルパンフ1100円

発見の会「一宿一飯」パンフ200円

高いと言ったのは上記2点のパンフである。劇団山王の方は「十二年目の若者」という芝居のパンフで、当時の太陽族に取材したもの。ここは第1回公演が石原慎太郎の「処刑の部屋」を上演したところで、今回の公演でも主題歌を慎太郎が作詞、作曲を林光がやっている。学生劇団なのにかなり贅沢のようであり、どうも児童劇団なんかにいた劇団員がいてマスコミに顔が効くようでもある。NLTの方は初演ではなく再演パンフ(がyくに再演のは初めて見た)。都民劇場からの申し出で再演したという。「一高ロマンス」は、前にも裸の復刻版を買っているが、こちらは函帯と解説冊子がついて100円。野尻草雄というペンネームを使った大佛次郎の初著作単行本との由。

*******************************

その後、渋谷に出る。

今日は前々から予約していた池田亮司のライブ@wwwxなのである。新国立劇場ダムタイプの「メモランダム」を見て以来だろうか。CDも持っているが、やっぱりライブでというのがあった。しかも最前列スピーカーの前だったので超ド低音が大音響でまるでシャワーのように全身に浴びるような感じであった。スピーカーからの音で全身が振動するどころか、風圧さえ感じた。

 

まずは五反田

神保町の方ではぐろりや会もあるのだが、両方行こうとしながらも結局はダラダラしていて間に合わず五反田散歩展のみにといういつもの展開。到着は17時10分ごろ。しかし今日はガレージが結構面白そうで、あれこれと見ているうちに20分くらい経過してしまう。急いで会計をして2階へ。ここも駆け足でめぐる。おっと思うものがあり、抱えるもかなり嵩張る。注文品である春琴抄の複製原稿はハズレ。購入したのは以下。

三島由紀夫文章読本」(婦人公論付録)200円

永山則夫「愛かー無か」(合同出版)昭和48年10月18日200円

国立劇場椿説弓張月」筋書200円

文章読本」はようやく綺麗なのを入手。椿説のもとうに持っているけれども、この再演時に同時開催されていた椿説弓張月展のパンフとチラシが挟まっていたので購入。本当は箱に5〜6冊入ってて一箱200円だったのだが、他のはいらないのでこれのみ。そして2階へ。

舟橋聖一「白薊」(新潮社)昭和31年7月30日初版カバ献呈署名200円

「秘文字」(社会思想社)昭和54年2月28日函1000円

舟橋のは雁タレカバー装幀なので資料として購入。「秘文字」は持っていなかったので。と言っても暗号解答冊子欠。ただしあの冊子は申し込んだ人のみ申込の三ヶ月後に送付されたという。どっかでコピーしてこなくてはならない。

谷崎潤一郎細雪」(中央公論社)昭和24年5月20日上製再版凾付揃2000円

細雪」の初版は並製機械函入で、その後に紙質を変えた限定300部本が出る。そして角背上製本で作者自筆題箋帙の限定1000部の本が出て、おそらくその上製本の再版として出たのがこれ。函も貼函。しかしこれ、ありそうであんまり見かけず、前々から安く欲しいと思っていたもの。ようやく適価で見つけた。

しかしこんなものを買ったので、重い。

 

台風前の五反田

本日は和洋会古書展と五反田遊古会古書展の初日。ギリギリふたつまわれるかなと思っていたが、雨だからなのか、地元のバスが渋滞にはまり、五反田駅に到着したのは17時過ぎであった。これはもう和洋会ではなくて五反田だろときたわけである。

会場到着は17時20分くらいか。ざっと回る。月の輪さんがいたので挨拶して少し話す。というのは、今回は三島研究的になかなかすごいブツが出ていたので、それについて少し話を伺う。2点ほど購入し、2階へ。

ザーッと回っていくが、これというものがない。それでもちょっとは資料になるかなということで幾つか抱えて閉場時間、お会計。

吉田健一「日本について」(講談社昭和32年8月25日初版函200円

芸術祭十一月大歌舞伎筋書200円

「日本について」は書影は知っていたけれども手に取るのは初めてで、本体は真っ白な丸背上製本で天小口が黒染めになっている。黒白のツートンカラーで統一された装幀。函がスレが目立つのは気になるがこの安さならと。筋書はとうに持っているけれども三島の「芙蓉露大内実記」初演時のもの。

大宅壮一選集9「文学・文壇」(筑摩書房)昭和34年10月28日カバ400円

産業フロンティア物語「製紙〈王子製紙〉」(ダイヤモンド社)昭和昭和40年8月28日200円

大輪盛登「巷説出版界」(日本エディタースクール出版部)函帯200円

「趣味拡大号文豪国木田独歩」(信濃房)函シミ300円

大宅のはもうちょっと文壇批判みたいのあるかなと思ったが、あんまりなくて高かったのに残念。「製紙」はなかなか興味深かった。「文豪国木田独歩」は復刻版。ただこの復刻は、広告は全部削除、またこの号掲載の新進作家の短編16編も削除。薄めの紙の筒函がついている。どうせ復刻するなら広告も含めて全部復刻して欲しいところ。これとおんなじ体裁の尾崎紅葉のも前に買った覚えがある。