漁書日誌 3.0

はてなダイアリー廃止(201901)を受けてはてなブログに移設しました。

師走の窓展

パリに行っていたので趣味展には行けなかったが、窓展はということで、いつものように会場15分前くらいに古書会館に到着。いつもに比べると、多少人が少ない感じ。10時開場。

で、ザーッと見て行くが、今回は抱え込む本はあまり多くなかった。その代わりといってはなんだが、雑誌があれこれと。「書痴往来」や「愛書家クラブ」など1冊200円だったので、ポツポツ棚から引き抜いていたら、けっこうあるではないか。1号から12号まであったが、どうしても9号がない。先に買われたか、それとも棚にまだ埋もれているのかと徹底的に探したが、ない。あとで喫茶店で一服しながらパラパラ見ていたら、中にむかしのタスキが挟まっていて、9号欠11冊揃15000円とあった。そんなにするものか。以下、今回買ったもの。

f:id:taqueshix:20191206232349j:plain

北原白秋「白秋小唄集」(アルス)大正12年12月15日32版凾200円

柴田芳水「紅葉の著書から」(大盛堂書店)大正11年6月15日初凾欠300円

白秋の方は恩地孝四郞装幀か。これが凾付で200円は嬉しい。小さい判型だが、表紙は5ミリくらいの厚さがあり、赤の絹張りに箔押。「小唄」といった時のイメージをモダナイズしている装幀。そして今回一番嬉しかった収穫は実はこれ「紅葉の著書から」。「紫」「隣の女」あたりから「金色夜叉」「多情多恨」までの紅葉作品梗概本。これ1冊で読んだ気になれる本。

f:id:taqueshix:20191206231744j:plain

山崎一芳編著「マッカーサー元帥」(丹頂書房)昭和20年12月1日初200円

村上信彦「出版屋庄平の悲劇 上巻」(西荻書店)昭和25年7月8日初版300円
 室生犀星「蜜のあはれ」(新潮社)昭和34年12月5日初版凾200円

マッカーサー」のは日本側が企画執筆したという体裁になっているが、占領政策に一環かしら。ともかく戦後資料。村上信彦のは出版史資料として読むつもり。ただ下巻がない。探すか。ちなみに村上信彦は村上浪六の子息。

f:id:taqueshix:20191206232715j:plain

中央公論」明治45年2月400円

「本の虫」創刊号300円

中央公論」は谷崎潤一郎「悪魔」初出。初出は現行テキストとラストが違うのです。「本の虫」は「愛書家くらぶ」を改題してのリニューアル創刊号。発禁本「ふらんす物語」の種々の伝説について検証している面白いエッセイあり。この元になっている「愛書家くらぶ」は場にほかにあったが買わず。

f:id:taqueshix:20191206210754j:plain
「書痴往来」1〜12、9号欠の11冊、各200円

齋藤昌三主宰の雑誌。この他に13号、14〜16を1冊にまとめた号があるという(13号には特装50部本あり)。これは復刻もないが、小冊子とバカに出来ず、中身にはなかなか興味深いエッセイが収録されていたりする。雑誌といえば、お次もそう。

f:id:taqueshix:20191206232522j:plain

「寿多袋」第6号、24号、26号、各300円

趣味雑誌。古書目録などでその名前を見聞いてはいたが、実物を購入するのは初めて。まあ参考にとたまたま棚にあったものを購入。なかは謄写版刷りで、写真、宝くじ、舟券、展覧会の半券等々が実際に貼付され、雑多な趣味的なものとなっているが、田中冬二の原稿などもあり、興味深い。

f:id:taqueshix:20191206232859j:plain

竹中郁「動物磁気」(尾崎書房)昭和23年7月1日カバ欠1000円

これはネットオークションで落札。紙質はあまりよくないが、造本、装幀にスタイリッシュな魅力がある。カバーは表紙と同柄なのでなくてもかまわない。

パリでの三島シンポジウム

11月20日、昼過ぎ。羽田よりエールフランスでパリへ向かう。現地時間20日18時半頃にシャルルドゴール空港着。タクシーでホテルへ向かう。ホテルにて、トマ・ガルサン、竹本俊雄、ジェラール・シアリの主宰各先生とご挨拶。そこにジョン・ネイスン先生が奥様と一緒にいらっしゃる。そのまま近所のカフェに飲みに行く。

f:id:taqueshix:20191121090020j:plain

f:id:taqueshix:20191121125854j:plain

f:id:taqueshix:20191202060405j:plain

翌21日。ホテル近くの会場であるパリ大学(=パリ・ディドロ大学=パリ第7大学)へ移動。国際シンポジウム「50Years Later, Another MISHIMA?」初日。まずはジョン・ネイスン先生の基調講演。続いて、井上隆史先生の発表、そして3番目がワタクシの発表Mishima Yukio’s "self-image" – Who controls it?。その後コーヒー・ブレイクを挟んで、お昼過ぎまで発表が続き、お昼は関係者一同で大学関係のレストランでランチ。当然のようにワイン、みな飲んでいる。そして14時からまた発表が続き、コーヒー・ブレイクを挟んで17時まで。その後、一旦ホテルに戻り休んでから、18時半よりレセプション。立食パーティー。フランス、ドイツ、イタリア、アメリカ等々よりの三島研究者が集まっているが、日本語が出来る人が多く助かる。しかしビックリしたのは、大学のトイレは男女兼用だったことなど(完全密閉の個室でそれぞれ個室に電気スイッチがある)。

f:id:taqueshix:20191121104545j:plain
22日も9時半より発表、コーヒー・ブレイク、発表、レストランでランチ、発表、コーヒー・ブレイク……17時くらいまで。今日は個人発表ばかりでなく、最近『仮面の告白』の新訳を出されたドミニク・パルメ先生の講演、イルメラ・日地谷=キルシュネライト先生の基調講演、英語、仏語、イタリア語訳の訳者3名によるパネルなどぶっ通しで続く。あいまに、ネイスン先生にMISHIMA, A Biographyハードカバー版初版にサインを入れて貰う。本来なら米国初版に入れて貰いたかったが、ワタクシが所持しているのはUK版初版。

f:id:taqueshix:20191122173249j:plain

f:id:taqueshix:20191122173240j:plain
その後、ホテルに戻り一休み。さすがにくたびれる。夕食の時間まで、近所の売店で買い物をしてみたり、本屋を覗いたりうろうろと徘徊した。最近プレイヤッドの1冊として出たロマン・ガリのポスターの横に今回のシンポジウムのポスターが出ていた。漫画のコーナーは日本のものばかり。

f:id:taqueshix:20191122185909j:plain


19時に集合して、今度は少し歩いたところにあるレストランへ皆でいく。そこで食べ飲み、歓談。ちょうど席が隣り合うソルボンヌに留学している中国人の学生さん(「憂国」中国語訳の訳文について研究発表)とパルメ先生とあれこれと話す。プレイヤッドで三島が出る計画もあったらしいが頓挫した話とか、三島を離れて、ガリマールの話からロマン・ガリの愛人の話、マンディアルグやマルセル・シュオッブの話なども振ってみた。

f:id:taqueshix:20191122110310j:plain

23日、シンポジウム最終日。9時半より平野啓一郎氏の基調講演(ビデオ上映)。コーヒー・ブレイクを挟んで4本の個人発表のあと、総括的討論。最後の討論では、三島における暴力性やテロリズム天皇論などの話題も出て盛り上がりを見せた。使用言語は主に英語だったが、個人発表ではフランス語使用の人も数名。12時半過ぎ、終了。基調講演3、個人発表16、パネル1、という塩梅。「文化防衛論」や、「愛の処刑」にからめた発表もあった。

 

f:id:taqueshix:20191121153713j:plain

レジュメ冊子とプログラムのリーフレット

f:id:taqueshix:20191121153700j:plain

プログラム

その後、近くのカフェでランチ。帰りの便は夜半近くのもので、その間の数時間、あれこれと聞いて一人でパリの中心部へ出てみることにした。もとより観光するつもりはなかったが、せっかくだしと地下鉄でルーヴル、オペラ座のあたりをブラブラとフラヌール。スマホはあれどワイファイがなければネットは使えないし、そうなるとスマホはただのカメラでしかない。観光客で混雑している中に紛れたり、適当にブラブラしながら、裏通りの地元民が行くようなスーパーなど見て歩いたり。古本屋の情報も調べてくればよかったのだが失敗した。

その後ホテルに戻ってからシャルルドゴールへ、そして夜半近くのエールフランスで帰途に就く。日曜の夜中に出て、日曜の夕方に羽田着。

f:id:taqueshix:20191121085652j:plain

f:id:taqueshix:20191122192601j:plain
大学近く、文学者の名前がついた通りの看板。この辺は新しく開発された地域らしく、元々は広い停車場の一部だったらしい(ゾラの「獣人」なんか思い出した)。会場からはセーヌ川も見えるが、近くにはマンションだか建築現場があちこちに目についた。

*********************************

そして今度は三島由紀夫文学館である。三島由紀夫文学館創立20周年記念フォーラムが11月30日に開催。高橋睦郎さんの特別講演「『詩人』三島由紀夫」と、続けて田村一行さんら大駱駝艦の面々による舞踏パフォーマンス「ハグクミ申ス者〜三島由紀夫に捧ぐ」の上演(田村さんは宮本亜門演出「金閣寺」に出演された方で、実はワタクシの大学時代のクラブの後輩)。こちらも素晴らしかった。本来は10月に開催予定が台風で延期になったものだが、それでも50名近くの参加者が集まった。スタッフとして参加したが、文学館のフォーラムでこうしたパフォーマンスは初である。

f:id:taqueshix:20191130123208j:plain

f:id:taqueshix:20191130122537j:plain

 

巴里前

さて、青展が済み、金欠状態ではあるのだが、それでもネットやら古本屋へ立ち寄ったりなど、結局はポツポツと古書を購入してしまう。ちょっと面白いものも入手できたし、ここのところの収穫を記していこうと思う。まずはネットオークションで落札したこれ。

f:id:taqueshix:20191106224004j:plain

扇屋亜夫「白い血の猟人」(妙義出版)昭和32年2月25日初版1000円

岡落葉「明治大正の文士」(古通豆本)平成2年12月25日416円

「白い血の猟人」はずっと探求書だったもの。帯が欠だが仕方ない。昭和30年前後のホモセクシュアル文学関連で、そのうち三島由紀夫からめて書こうと思っている。それから岡落葉は前に「独歩の周辺」を読んで面白かったので、古通豆本で出ているもう1冊をと。独歩の「武蔵野」の装幀をした人で大学館にいた人である。

f:id:taqueshix:20191113231424j:plain

三島由紀夫金閣寺」(新潮社)重版カバ帯ビニカバ500円

photographer's gallery press(10号)1200円

これは下北沢の古書店で。仕事帰りに立ち寄ってたまたま入ったら目についたもの。雑誌の方はジョルジュ・:ディディ=ユベルマン特集のため。また「金閣寺」は、ATGで映画化した時の重版。三島没後もとうに文庫になっていたにもかかわらず初刊そのままの重版で出ていたのである。これが興味深い。単行本では何版までいったのか。そういえば大江健三郎ノーベル賞とった時、書店にズラリと大江の著作が並んだが、そのなかに「死者の奢り」元版単行本があって、おおわざわざ単行本重版するのかと思ったものである。しかしもう今ではないだろうなあ。

それからお次は通販で買った展覧会図録。

f:id:taqueshix:20191113231447j:plain

図録「帝国美術学校の誕生」(武蔵野美術大学美術館・図書館)2019年10月18日1800円

600ページを超える厚冊。分厚いがやわらかな造本で軽い。これは買っておくべきだろうと買ってみたが、送料と振込手数料で結局3000円弱になってしまった。

そして、これは今日行って来た五反田遊古会にて購入したもの。

f:id:taqueshix:20191116003004j:plain

志賀直哉「蝕まれた友情」(全国書房)昭和22年7月20日初版カバ800円

堀太一「新聞の秘密」(光文社カッパブックス)昭和34年9月30日初カバ200円

福島鋳郎編「戦後雑誌発掘」(日本エディタースクール出版部)凾欠200円

目録注文品は無し。しかし黒っぽい棚もありじっくり見ればいろいろとあったかもしれない。「蝕まれた友情」はお馴染み全国書房のものだが、これが本文は耳付き和紙、カバーは草木染を渋刷毛で染めてある。資材のない時代にいちいち凝っている。

*********************************

■告知■

国際三島由紀夫シンポジウム50 ans après, un autre Mishima ? 

というのに登壇します。来週の21〜23日です。会場はパリ第7大学(ディドロ大学)。もしちょうどその頃パリにいるという方がいましたらお運び下さい。

f:id:taqueshix:20191116040306j:plain

 

宴のあと

さて、神田古本まつりも最終日である。

本日は扶桑書房に立ち寄ってから、最終日の靖国通り沿いの古書屋台をダラダラとみてまわった。

まずは申し込んでいた本の引き取りから。

f:id:taqueshix:20191105000720j:plain

川島幸希編「近代文学署名本三十選」(日本古書通信社)令和元年11月3日

限定50部。表紙の色に黒、赤のグラデーション、青のグラデーションと3色あったが、青をセレクト。これで、川島さんの本は一部の特装や異装を除いて全部所持ということか。しかし懐を痛打。

盛林堂のワゴンで1冊買ったほかは、最終日ということでどこも多少割引価格で売っていたが、金欠であるのと重い本を持って帰りたくないというのとで、結局買わず。扶桑事務所で「三十選」とは別に尾崎一雄を1冊買ったのと合わせて本日の古書は2冊ということになる。

f:id:taqueshix:20191105000650j:plain

尾崎一雄「天狗の羽風」(宝文館)昭和32年1月20日初版カバ100円

松本清張「突風」(海燕社)昭和41年12月15日初版カバ200円

写真のように、著者が表紙装幀に使われている本を買っている。作者肖像写真、イメージと装幀というわたくしの研究課題の題材でもあるからだ。とりわけ宝文館のこのシリーズ(シリーズ名はないようだが、同一装幀で何冊か出ている)は注目していて、この尾崎の本は題字も自筆。吉田健一の「三文文士」は三島由紀夫が題字を揮毫している。シリーズの中には、題字が自筆筆跡を使ったものと仲間が書いたものと2通りあるようだ。

大雨の特選、そして新潟、愛書会

雨である。1025日金曜日、本日は神田古本まつり初日でもあり、特選展の初日でもある。いつもの趣味展と同じくらいに到着すればよいだろうと向かったのだが、雨による渋滞でバスが遅れ、電車もなぜか途中駅で点検であったそうで遅れている…そんなこんなで、古書会館へ到着したのは10時2分頃か。

f:id:taqueshix:20191025100544j:plain

そしてワタクシは土日と開催される学会の仕事で11時40分の新幹線に乗らなければならなかった。期待していたワゴンはおそらく今日は出ない。古書会館の特選のみである。しかも許された時間は約1時間。幾つか抱えるが、荷物になるのでこれというものだけにして、それでもという時は宅配便で送るつもりであった。そう考えてみると、手間を考えればいまわざわざ買うというものもなく、結局購入したのは2冊のみ。購入。明日舞台で一緒になる二人とあきつの棚で遭遇。

f:id:taqueshix:20191028032741j:plain

志賀直哉「映山紅」(全国書房)昭和21年12月25日裸500円

谷崎潤一郎「鍵」(中央公論社)昭和33年12月10日縮刷普及版カバ帯初300円

「映山紅」には夫婦凾入りのとカバー装のとがあるようである。全国書房が昭和21年から22年いかけて作成した耳付き和紙の贅沢な造本。また「鍵」は、帯には「縮刷普及版」とあり、奥付には「普及版」とあるのだが、背表紙には「中央公論文庫」とある。新書判だが当初は「文庫」と銘打たれていたシリーズ。これの帯がなかなかないのである。

f:id:taqueshix:20191027212238j:plain

これだけ買ってそそくさと会計し、東京駅へ。一路、新潟に向かうのであった。学会は、「書物(オブジェ)としての近代文学」と題した特集で司会者として最後の登壇者ディスカッションに参加、いろいろあって特集関連展示としてわたしの貧しいコレクションから新潟出身作家の小川未明吉屋信子の本を展示させていただくということになった。

f:id:taqueshix:20191026121707j:plain

そして帰宅後、ヤフオク落札品が届いていた。

f:id:taqueshix:20191028032823j:plain

竹内瑞穂「「変態」という文化」(ひつじ書房)5600円+税の半額

田中馨「書籍と紙」(書肆緑人館)960円

宮川淳「引用の織物」(筑摩書房)凾1500円

「変態」は、学会先に出ていたひつじ書房の割引セールで買った本で定価の半額であった。

さて、それから神保町ワゴンをまわれたのはようやく水曜日になってからである。仕事の後駆けつけると、すでに18時50分。閉場まであと10分。それでも見たかった盛林堂のワゴンを見て、2冊購入。

f:id:taqueshix:20191030194335j:plain

萩原朔太郎「純正詩論」(第一書房昭和10年4月7日初版カバ2000円

清水澄子「さゝやき」(甲陽文庫)昭和32年3月15日初カバ500円

朔太郎のこの本はカバー付が欲しかった。表紙に著者の写真を用いている装幀。著者イメージと装幀画有機的に結びついているもので、自身の研究課題用でもある。それから清水澄子のは、御存知、大正時代に自殺した女学生の残した文章や絵を収めた宝文館版が知られているが、あの瀟洒な本がかなり売れ(うちには100版超えの版がある)、それの戦後文庫版が出ているとは知らなかった。しかしこの解説によると宝文館版は文章が勝手に改竄されているそうで、元版の信濃毎日新聞版を底本としている由。

で、今日は愛書会。愛書会を覗き、ついでにワゴンもと神保町に出た。

f:id:taqueshix:20191101232251j:plain

島崎藤村「藤村詩集」(春陽堂大正7年2月20日53版凾300円

姫野カオルコ「彼女は頭が悪いから」(文藝春秋)カバ300円

御園座筋書「名古屋市芸術祭参加十月大歌舞伎中村吉右衛門劇団」昭33・10、540円

姫野カオルコは今更だが、ちょっと前に話題になったやつ。それより何より御園座の筋書が嬉しい。三島由紀夫の「鰯売恋曳網」公演のものである。

で、今度は外。ザーッと流して見て行く。そして買ったのが以下。

f:id:taqueshix:20191101232308j:plain

室生犀星「蜜のあはれ」(新潮社)昭和34年10月5日初版凾500円

森茉莉訳「マドゥモァゼル・ルウルウ」(薔薇十字社)昭和48年5月15日再版凾帯300円

いやまあ、初日に買えなかったことの反動か、細かく見ればけっこうな量を買ってしまっている。この金欠時になかなか。まあ致し方ないと自ら言い聞かせるのみ。

f:id:taqueshix:20191101183722j:plain

 

詩集・五反田、恵比寿

五反田散歩展に赴く。注文品はなかったが、閉場まであと1時間というところで、まずは1階のガレージを見て行く。雑本の山の中から、「淵上毛銭詩集」を発見、これは嬉しい。その後、2階の会場を見ていく。澤口書店の棚がかなり黒っぽく、これは午前中はけっこう面白かったのではないかと思われた。今月は色々と出費多く、あれこれと思い止めて、結局購入したのは以下。

f:id:taqueshix:20191018220433j:plain

岡落葉「独歩の身辺」(こつう豆本)200円

柏木博「家事の政治学」(岩波現代文庫)カバ帯200円

f:id:taqueshix:20191018225416j:plain

f:id:taqueshix:20191018225427j:plain

淵上毛銭「淵上毛銭詩集」(青黴詩社)昭和22年7月15日限定300部300円

300円というのはいくら何でも安い。ちょっとした掘り出し物か。淵上毛銭は、刊行当時この詩集を三島由紀夫に献呈しており、三島からの礼状が淵上の個人雑誌の別冊に出ているのを見つけ、これは三島逸文だとコピーしたことがあった。それで覚えていたのだが、300円ならついでに買える値段である。写真のように背中もコンディション悪くなく、本文は粗末だが木版の装幀は本体にマッチしていてよい装幀。

五反田の閉場後は、踵を返して一路、恵比寿へ向かう。

恵比寿のLIBRAIRIE 6へ向かい、開催中のMax Walter Svanberg + Rosemary Svanberg 展を鑑賞。

f:id:taqueshix:20191018184537j:plain
スワーンベリはもっぱら澁澤の本で知って、骰子の7の目画集を買って触れてきたくらいだったので、実物を見るのは初めて。スワーンベリの娘の作品と共に展示。エッチングタペストリーなどもあった。そして、今回日本初紹介だというスワーンベリの詩集『Åren』を購入。本文2色刷で瀟洒でスタイリッシュな装幀。

f:id:taqueshix:20191018225245j:plain

f:id:taqueshix:20191018225340j:plain

初版500部とのことだが、売り切れて要望が多ければ重版することもある由。詩画集とでもいうべき感じで各頁にカットが入り、見た瞬間これはマストだと購入してしまった。

台風直前の古書展

城南古書展初日。

台風19号の直撃を控えて、2日目の土曜日は無しになる。

f:id:taqueshix:20191011180014j:plain

今までこういう事態はあったこともあるのであろうが、ワタクシ個人が経験したのは初めて。そういえば震災の時は、1週間後の五反田と愛書会と行って、たしか愛書会の会場で棚にズラッと災害時用リュックを並べて売っていたなあなどと思い出し。

注文品が当たったことを確認してから夕方会場に向かう。

1時間ちょっと、会場をザーッと回って幾つか手にするも、注文品もあり金欠時でもあり、あれやこれやとまた棚に戻して、結局買ったのは以下。

f:id:taqueshix:20191012041606j:plain

文部省音楽取調掛編纂「小学 唱歌集 第二編」(大日本図書)明治18年5月再版200円

木村荘八「随筆 女性三代」(河出新書)昭和31年3月15日初版カバ324円

「東をどり」パンフ(昭和32年11月)400円

「東をどり」のは、谷崎潤一郎の「舞踊劇 母を恋ふる記」上演時ので、台本も収録されている。それから、注文品である。

f:id:taqueshix:20191012041646j:plain

f:id:taqueshix:20191012041704j:plain

f:id:taqueshix:20191012042012j:plain

森田草平「縮刷合本 煤煙」(植竹書院)大正3年4月28日3版カバ2500円

これがいま欲しかった。というのも「日本古書通信」に発表した植竹書院に関する旧稿にいま現在あれこれと手を入れてるのだが、外装付本書の入手でようやくハッキリした事柄がある。本体表紙の装幀とカバーの装幀とはそれぞれ別人が担当。本体は天青染め。この羊みたいな意匠はその後、植竹の書物のあれこれで使い回される。詳しくは今度出す新著で大幅増補して書くので皆さん買って下さい。

閉場後、古書展を後にして、今度は一路原宿に向かい、芥正彦作、演出、振付のホモ・フィクタス公演を見に行く(こちらも千秋楽は明日の予定であったが台風のために本日最終日となった)。