漁書日誌 3.0

はてなダイアリー廃止(201901)を受けてはてなブログに移設しました。

『谷崎潤一郎と書物』(秀明大学出版会)出ます!

拙著谷崎潤一郎と書物』秀明大学出版会)が10月1日発売となります。

先日、著者分が届きました。何冊も出している方からすればたわいもないことでしょうが、今まで共著編著ばかりで今回初めての単著でもありこうして一冊の形になるのは感慨ひとしおです。

f:id:taqueshix:20200925014759j:plain

f:id:taqueshix:20200925014830j:plain

f:id:taqueshix:20200925014713j:plain

A5判/xviii+283ページ/丸背上製本カバー装帯付/造本:真田幸治/図版多数

定価2800円(+税)

本体表紙はわたくしの本棚の写真、カバーには取り扱った谷崎の古書の意匠を使用。メインは古通の連載を大幅に加筆した「谷崎本書誌学序説」。そのほか水島爾保布や名越国三郎らによって挿絵が描かれてきた『人魚の嘆き』についてや、雑誌「初版本」に発表した論考、漆塗り表紙で知られる『春琴抄』各種刊本とアダプテーションの関わりを論じた論文など収録。とりわけ、序文後半の書き下ろし部分は、現在わたしの考える谷崎に限らない古書論となっています。購入は大型書店やネットが確実です。

何卒よろしくお願い申し上げます。

谷崎潤一郎と書物

谷崎潤一郎と書物

  • 作者:山中剛史
  • 発売日: 2020/10/01
  • メディア: 単行本
 

 

【付記】

 かねてより愛読しているブログ「表現急行2」さんが内容紹介を兼ねたご感想をアップしてくださっています。改めて感謝申し上げます。

コロナ禍の古書展

いままでコロナ関係で実は一度も中止ということがなかった東京古書会館での古書展であるが、緊急事態宣言を受けてか、とうとう趣味展が会場販売中止というアナウンスが出た。続いて五反田遊古会古書展も。で、愛書会はそのままやるという。

f:id:taqueshix:20210109164752j:plain

f:id:taqueshix:20210109164711j:plain

金曜日は国会図書館入場抽選に当たりギリギリまで図書館にいたし、ちょうど土曜に都内へ芝居観に行くので、その時にでもと愛書会を少し覗く。これといって買うものもなく、なんとなく嘉村礒多の文庫本を1冊のみ。古書会館出て道路渡ってすぐのところのはなまるうどんが閉店していた。

f:id:taqueshix:20210110004801j:plain

山本健吉編「嘉村礒多集」(新潮文庫)重帯150円

その後田村の外台など見てから、今度は中目黒へ向かう。花組芝居という劇団の「地獄変」を見に行くためである。本当は昨年7月の公演でチケットも買っていたのだが、コロナで中止となり払い戻された。で、今度こそということだったのだが、タイミングが悪すぎるような感じ。しかしネットでチェックしても、中止せず上演するようであった。中目黒なんかで下車するのも15年以上ぶりではあるまいか。チケットは席番もついておりゆったりと向かう。

花組芝居地獄変」(三島由紀夫作、加納幸和演出)@中目黒キンケロシアター

f:id:taqueshix:20210109204624j:plain

19時開演。まず入口で消毒液、検温があって入場。中に入ってチケットもぎりは自分で。そして客席入口で再度消毒液。最前列にはフェイスシールド配布。徹底的にコロナ関連には気を遣っているのがわかる。

そして開演。実はこの劇団を観るのは初めて。歌舞伎をどうやるんだろうかと思っていたが、セリフは直さず、竹本的なものも入れるほかは(和楽器洋楽器を使った録音)、小劇場演劇。時代考証関係なく、なんというか出てくる人物ぜんぶが天守物語の妖怪のような造形というか。その割には、歌舞伎的意匠にガーゴイルの石像があったり、例の牛車が車輪は牛車そのものだが本体は西洋の貴族が乗るような馬車の意匠であったり。ところどころ笑わせながら、セリフが古語であることを考えてかテンポ良く進んでいき、ラストはタイの地獄寺のようなグランギニョル風味。いってみれば歌舞伎の新劇上演というものだろうけれども、小劇場テイスト。本作は、たしか昭和53年の歌右衛門演出以来上演されていないと思うが、こういう形でのアダプテーションは初めて観た。9日夜初見。

師走の古書

土曜日、所用で神保町に出る。扶桑事務所に向かう。棚からひょいと抜き出した『独歩集第二』、そこまで酷くはないのに300円は安いなあとみてみると、奥付欠。しかしまあ安いしと抱え、それから『漱石文集』重版も。ということで2冊を購入。

f:id:taqueshix:20201226192708j:plain

国木田独歩『独歩集第二』(彩雲閣)奥付欠300円

漱石文集』(中央出版社)大正11年1月25日50版500円

『独歩集』が折からの自然主義ブームに乗って評価されるようになり…というタイミングで独歩が死に、死の翌月に第二として出版ということか。第二の初版は明治41年7月(国会本は19日だが、上から紙貼ってるの確認できる。つまり納本に合わせたインチキ奥付)。口絵に独歩の筆跡とか肖像があり、小杉未醒の挿絵も一枚入っている。で、もうひとつの漱石のはいくつかの作品のさわり部分を抜粋編集したもの。初版は大正6年6月15日で、今回入手した50版とは装幀も全く異なっている。しかも、である。この50版、扉のタイトルに大きな誤植がある。

f:id:taqueshix:20201226192727j:plain

漱石文集が漱石全集となってしまっているのである。たしかに、大正6年には漱石最初の全集が発刊されるので、何か関係あるのかと思ったが単なる邪推、初版ではキチンと漱石文集とある。いい加減さゆえなのか、既に出ている全集と無知な読者に勘違いさせるための冗談のようなものなのかはわからない。

f:id:taqueshix:20201228004754j:plain

『叢書文化の現在2 身体の宇宙性』(岩波書店)凾帯200円

こちらは帰りに澤口書店の店頭の均一をチラと覗いたらあったので買ったもの。200円ならまあという感じ。このへん、たまに面白い論考があるので。

 あとは新刊書として以下のものを購入

こんなところで2020年の古書おさめ、ということになろかなと。

 

 

 

 

クリスマスの古書

クリスマスの古書といっても、たまたま注文していた古書がクリスマスの当日に届いたという話である。学校仕事は一段落したが、原稿仕事が終わらない。終わらないというよりも仕事納めまでには是非入稿しなければと年末気分もクリスマス気分もない。

で、先日ちょっと都内に出た時に神保町に立ちより買った古書と、今日滞納していた税金を納めに役所に行った帰るさ、チラと覗いた古本屋で買った本。

f:id:taqueshix:20201225215759j:plain

牧野英二「崇高の哲学」(法政大学出版局)カバ帯1350円

ハイネ「北海・観想」(春陽堂世界名作文庫)昭和7年11月12日初150円

荒川秀俊「戦争と気象」(岩波新書昭和19年1月8日初200円

崇高のは、たまたま覗いた澤口書店が年末で1割引セールをしていたので購入。

f:id:taqueshix:20201225215807j:plain

f:id:taqueshix:20201225205816j:plain

竹内敏雄「アリストテレスの芸術理論」(弘文堂)昭和44年2月10日初凾3000円

阿部秀悦「青猫書房目録[愛書閑話・抄]」限定200部記番4400円

クリスマス当日に届いたのがこの2本。アリストテレスのはお勉強用だが、類書が少ない。こんなの凾欠でいいから安く欲しかったが仕方ない。

それから、もうひとつは、最近ツイッターでちらほら見かけ、どこで売っているのだろうかと思っていたら、なんのことはない日本の古本屋に登録してあったので注文して購入。青猫書房目録の例のアレである。私は青猫書房とはご縁がなかったが、目録のコピーを入手して、かねてから「愛書閑話」は一部読んでいた。どこまで本当の話かはしらないが、なかなかえげつないことも書いてある。ただ折角こうして刊行したのに、誰が編集して誰が刊行したのかは未記載で、発行日と思われる日付と限定番号が記載されているのみというのは瑕瑾であろう。

師走初旬の古書

所用で神保町に出た。いまは古書会館で新興展をやっているのだが、立ち寄る暇がなく。ただし、扶桑事務所には行けたので、そこで少々購入。

f:id:taqueshix:20201212223720j:plain

f:id:taqueshix:20201212223828j:plain

永井荷風「紅茶の後」(籾山書店)大正元年8月25日第3版凾欠美800円

長田幹彦「零落」(現代名作集)大正4年2月22日5版印300円

沼波瓊音「囀」(南江堂書店)明治38年9月5日

シュレーゲル「ロマン的人間」(第一書房昭和11年2月10日凾欠

カスティリョ「ヨーロッパの何処かで」(人文書院)昭和33年8月17日カバ帯欠、以上3冊100円

トドロフ「批評の批評」(法政大学出版局)カバ帯600円

サルトルマラルメ論」(ちくま学芸文庫)カバ帯200円

上から5点は扶桑事務所で購入。「紅茶の後」は所持しているが、背の角が切れていない状態のよいものだったので購入。これは入れ換え用。そしてまた鈴木三重吉の現代名作集の幹彦は、状態がとてもよいのに、大学図書館除籍本で表紙にレッテルがあるという悲惨さ。まだ文字を避けて貼付してあるのが救いか。

トドロフサルトルのは、帰り際にちょいと覗いた田村書店の外ワゴンで購入。お勉強用である。

窓に届かず桃花村

土曜日。

今年度は後期から金曜日午後に仕事が入ったので、基本は古書展に行けない状態。趣味展はさすがに行くがいろいろと体力的に無理がたたる。で、窓展初日だが諦め、土曜日に行こうと考えていた。しかしながら寝不足がたたっていたのかなかなか起きられず、土曜日で閉場も1時間早く、ギリギリ間に合わず。ということで、神保町には出ず仕舞い。

しかし、先日ネットオークションで落札した本が届いていた。

f:id:taqueshix:20201205221659j:plain

f:id:taqueshix:20201206032844j:plain

吉田一穂「桃花村」(弥生書房)昭和47年11月20日特製凾1200円

存在を知ってこの3年間ちょくちょく日本の古本屋を検索していたがついぞ見つからなかった本だが、ふと検索して見たらオークションにかなりお安く出ていたのである。普及版は古書で千円くらいの本だが、詩人唯一の随想集。死の直前の限定本で、限定100部、総革装、天金、記番。署名もないし古書として出てももとより5桁行かないものなのかもしれない。とはいえ、嬉しいことには変わりは無い。

総革装といっても、革の上からニスで固めたような感じの革装。本当はこういうコーティング的なものがないそのままだとよいのだが、そういうわけにもいかないのか。ゴテゴテしてないシンプルさはよいのだが。同じ革装でも、限定版リラダン全集とか限定版三島全集みたいに、革の上からラッカーで塗り固めたようなのもある。塗料?が元セロファンとくっついてしまって、剥がすと日焼けの皮をむくように、下地のベージュ色の革が出てくる。あれも困るのだよな。

テレビと古書と

本日は五反田遊古会と和洋会古書展、どちらにも赴こうと思っていた。が、なんやかやで結局神保町出でるのは諦め、五反田だけの終始した。本日は土曜であって閉場は17時なのである。

五反田、検温してから入場。まずはガレージ。細かく見て行けばなかなか面白そうな雑多具合であったが、ゆっくり見ている暇もなく。「ユリイカ」のちょっと古いところが1冊200円であれこれとあって、めぼしいところを買っていくかと思ったけれども、荷物になるしというので諦め。2階の会場へ。会場もなかなか面白そうで、初日の昨日なんかはもっとあったのではないか、時間があれば週刊誌などいちいちめくっていたのになあと思ったことであった。

f:id:taqueshix:20201128224943j:plain

f:id:taqueshix:20201128225032j:plain

中井愛訳「ドラクロアの日記」(石原求龍堂昭和17年12月5日初版美200円

中井英夫「薔薇幻視」(平凡社カラー新書)カバ200円

中井英夫「香りへの旅」(平凡社カラー新書)カバ200円

「短歌」(昭和36年2月号)500円

週刊新潮」創刊号500円

ドラクロア」は三島由紀夫関連で。実は10年くらい前に2000円で買って所持しているのだが、ピンピンに綺麗で200円というのを見つけてしまい買ってしまった。かの表紙なのでずっとカバー欠かと思っていたが、元セロファンが袖に一部貼付されついていたので、もしかしたら外装無しのこのままで完本かと思ったことであった。それから「短歌」は寺山修司塚本邦雄らの座談会を読みたくて購入。その割にはちょっと高かった。しかしまあ「週刊新潮」創刊号は嬉しい収穫、安い。

そしてこちらは、先日来た扶桑目録速報で注文したもの。

f:id:taqueshix:20201129063135j:plain

木重信「楽園の外で」(新潮社)大正8年12月5日初版凾欠2500円

吉屋信子「屋根裏の二処女」(洛陽堂)大正9年2月6日再版凾欠2500円

特に「楽園の外」は探求書であったので嬉しい。戦後に出た舟木重信遺稿集も注文したのだがこちらは売り切れであった。また植竹書院の「花袋全集」1巻も凾付で出ていて逡巡した。目録に掲載されているのは初めて見た。まず見かけないものである。吉屋のは既に所持しているが、もしかして装幀画変わっているかといってみたのである。

*********************************

ETV特集転生する三島由紀夫」28日23時〜/12月3日0時〜(再)

この番組に出演しています。冒頭、日生劇場へ行った時のと、中頃に渋谷のNHKで撮影したのと2回出て来ます。お時間のある方はご笑覧下さい。

要注意終末の趣味展

ここのところ都内感染者が連日500名越えということである。久しぶりの趣味展も、もしかしたら人数が少ないかもしれなと思っていた。仕事上、いろいろとリスクもある。それでもまあ、と、開場20分くらい前に古書会館に到着してみると、整理券を配布してみな外でたむろしている。混まないように、ということで、7〜8分前に開場し、整理券順にゆっくりと人が入っていく。わたくしは52番であったが、うしろに20名弱いたか。

f:id:taqueshix:20201120095324j:plain

ゆっくり入ったので、これはもうちょっとアレだなという感じで入場、扶桑の棚に向かう。すでにいろいろと抜かれてしまった後であろうが、袖珍版のものが残っていたので、そこからあれこれ抜き出し、選ぶ。また棚下に並べてある雑誌に混じり菊版の明治本がちょろりとあるのを引き出す。あまりお金も使いたくないしということで、サクサクと棚に戻し、会計をした。

f:id:taqueshix:20201120225323j:plain

f:id:taqueshix:20201120225510j:plain

小杉天外「新夫人」(春陽堂明治38年1月26日4版口絵切500円

小栗風葉・小川泰助「女」(日高有倫堂)明治41年9月1日初版落丁300円

飯田旗軒訳「ゾラ短編集」(共同出版明治42年3月27日印ラベル400円

久保天随編「明治百家文選」(隆文館)明治40年4月5日再版400円

「新夫人」は石版口絵の三分の一が欠落。「女」は扉や口絵含めて最初の数ページが欠落、「ゾラ短編集」はここのところよく古書市場に出て来ている国士舘大学図書館廃棄本でスタンプの他に裏表紙にべったりとバーコードのラベル…とダメージがある。まあ「女」は国会のをコピーして挟んでおくかと。「ゾラ短編集」は「馬場大尉」「洪水」の2編収録なのだが、日本人が主人公の日本の話に翻案しているという訳。岡田三郎助の木版挿絵が5葉挿入されている。「文選」は鏡花や紅葉ほか種々の短篇や随筆が註釈入りで収録されているもの。

f:id:taqueshix:20201120225234j:plain

相馬御風「個人主義思潮」(天弦堂書房)大正5年9月19日3版カバ欠300円

岩野泡鳴「毒薬を飲む女」(鈴木三重吉大正3年12月24日初版800円

森田草平「ハウプトマン寂しき人々」(青年学芸社)大正3年10月11日再版500円

守田有秋「ズーデルマン作マグダ」(日吉堂本店)大正3年8月15日5版300円

守田有秋「セーキスピーア作アントニイとクレオパトラ」(日吉堂本店)大正3年12月3日初版300円

夏目漱石「倫敦塔 外二篇」(春陽堂大正13年4月15日50版300円

こちらはアカギ叢書もどきなど。「個人主義思潮」は御存知近代思潮叢書で、カバー欠。このシリーズのカバーは裏面に宣伝文句がズラリ印刷してあるもの。これはスティルナーの肖像画が巻頭口絵として貼付されていたりして興味をそそり購入。青年学芸社のはエッセンス叢書。日吉堂本店の名著叢書というのは初めて見た。アカギ叢書モドキ本だろうな。漱石のはヴェストポケット傑作叢書と同じ装幀造本だが叢書名はない。もとは漱石の縮刷としてこういうスタイルが出て、その後他の作家のをヴェストポケット傑作叢書と名付け出すことになったもの。初期の重版は天金だがこれは無し。そして今日一番高い買い物が、鈴木三重吉の現代作家叢書である。まあ参考にということで買ってみた。

f:id:taqueshix:20201120225736j:plain

「週刊コウロン」昭和35年8月30日号200円

これは乱歩と三島がコメントを寄せている稲垣足穂の記事があったため。京都に住む異様な珍獣といった扱いの足穂。

いやしかし、一番高価なものでも800円。お金もないし置く場所もないということでケチケチとした買物になったが、まあ。本当は午後、リバース分を漁りたかったのだが、仕事に向かう。

そして土曜日。

今日は夜に芝居があるので都内に出て、まずは扶桑書房に立ち寄る。3冊100円コーナーから以下の3冊を購入。

f:id:taqueshix:20201121231112j:plain

「文芸界」第6号、明治35年8月

ダンヌチオ「処女」(三水社出版部)昭和2年8月1日図書館廃棄本

堀口大学訳「嶮しき快癒」(伸展社)昭和12年5月1日限定700部記番

これで100円というのはかなりのお得。「処女」は「処女の巌」ではなく「処女」「祭壇へ」「センチメンタルな物語」の3編収録の短編集。上記と同じく国士舘大学図書館廃棄本で、裏表紙と背表紙にべったりとバーコードおよび番号レッテル貼付。特に背表紙は剥がれないように接着剤?で塗り固めてある。最悪。しかし「嶮しき快癒」は嬉しい。限定700部のうち200部が特製で、こちらは並製500部本。並製といっても背布クロース装の上製本

************************************

f:id:taqueshix:20201121203505j:plain

夜はクロワ・プロジェクト公演「憂国二・二六」(三島由紀夫原作)という芝居に赴く。「憂国」をメインに、「英霊の声」「十日の菊」「仮面の告白」「太陽と鉄」などの引用がちりばめられ(あと沢地久枝を参考にしたのか)おわりには楯の会の制服姿で「檄」を演説するというシーンもあるもの。

夜9時からNHK三島由紀夫特番があるのに録画予約を忘れてしまい散々。