漁書日誌 3.0

はてなダイアリー廃止(201901)を受けてはてなブログに移設しました。

真夏の古書

台風接近で風雨が続いている。台風が来る直前に、目録で注文した古書が届いた。扶桑書房目録速報である。今回は、上下とか上中下とかある明治末〜大正初年の多色刷木版口絵入り家庭小説本で、揃えてから出そうと思ったが結局揃わなかったので出したという本が相場からするとかなりお安めでズラズラ出ていて、おおと思ったが、残っているかとファックスで注文。そして、いくつかは残っていた。

f:id:taqueshix:20210808210421j:plain

後藤宙外「思ひざめ」(橋南堂)明治40年11月10日初版裸落丁6500円

渡辺霞亭「渦巻 続」(隆文館)大正3年2月25日初版裸6000円

後藤宙外の方は鰭先英朋、霞亭の方は鏑木清方の木版口絵付。宙外のは冒頭1ページ落丁だがこれ1冊で完結のもの。「渦巻」はたしか続は未所持と注文したものである。で、届いてから確認してみたら続持ってる……と思ったら、上中下続全部口絵無し1セット、ほかに口絵付で上中下を持っていたので、これでようよう口絵付上中下続と揃ったわけであった。めでたし。

f:id:taqueshix:20210808210553j:plain

続巻の口絵。やはり「渦巻」挿絵は人物の上半身を大きくとって、どれもなかなかいい。

f:id:taqueshix:20210808210754j:plain

結城秀雄編著「明治芸文拾遺」(醒客菴)平成5年2月17日限定100部記番凾3000円

これは正直よく知らない本であったが、ピンとくるものがあって注文したもの。私家版100部。明治初頭のボール紙本の著者で後年宮中に入って東宮主事など歴任した桑野鋭の自筆草稿を活字化したものがメイン。たぶん趣味の人だろうけれども、よく出したなあと。100部とはいえ、凝りようからして費用は中古のベンツくらいかかっていそうである。