漁書日誌 3.0

はてなダイアリー廃止(201901)を受けてはてなブログに移設しました。

台風前の特選そして三島イベント

本日より年に一度の神保町古本祭。青展もそして特選も今日が初日である。年に一度のイベントであるし、毎年恒例、朝イチでならなくてはいけない。9時40分頃であったが、未だ古書会館入口のガラスドアはあいておらず、ザクザク数えたら既に50名近くの人が既に前に列んでいる。

そして10時開場。あきつ書店やけやき書店など、なかなかお安いものがあった。『青猫』凾付2万円は悩んだが、相場的に安くてもそりゃ断然無理だと諦めたり、あきつ書店は前に窓展で見かけた本も値下げされていたあれこれ抱えたり。結局、悩みに悩んで、最終的に購入したのは以下。

田山花袋訳「コサアク兵」(博文館:世界文庫8)明治26年9月15日初版奥付裏表紙欠1500円
小栗風葉「恋慕ながし」(春陽堂)明治33年5月23日初版疲1800円
「コサアク兵」は裏表紙と奥付頁とその裏の広告頁がコピーで補ってあり、表紙も三分の一くらい欠けているのをカラーコピーで補ってある。まあそれでもなんでも花袋最初の本でもあるし、資料用として確保。「恋慕ながし」は年方の木版口絵もバッチリ。この小説は口絵がないと、ちょっと意味がないというかなんというか。

曲亭馬琴編「滑稽島遊 夢想兵衛胡蝶物語」(春陽堂明治18年7月3版印300円
国木田独歩「運命」(左久良書房)明治39年3月18日初版300円
真山青果「四十二年」(日高有倫堂)明治44年10月11日初版700円
石橋思案編「紅葉遺稿」(博信堂書房)明治44年4月20日凾欠印400円
馬琴のはボール表紙本。本文罫線が2色だったり挿絵も多く、活版ボール表紙本資料としてもこの安さならばと。それから真山青果のは自然主義の地味な小説集だが、これも安い。「運命」は既に重版を青表紙と茶色表紙と2冊所持しているが、奥付を見るとなんと初版、これは買うしかない。

島田清次郎「地上 第一部」(新潮社)大正10年7月11日25版400円
源氏鶏太ホープさん」(春陽堂)昭和31年2月25日初版カバ帯400円
保田與重郎「日本浪曼派の時代」(至文堂)昭和46年11月30日2刷凾700円
「地上」も2セット持っているが、これは教材用に使えるかと。学生さんに手に取って貰う用である。「ホープさん」は後版の新装版。保田のこの本も前々から単行本で欲しかったが、今回重版だからかお安く入手出来た。

「写真家の時代1 写真家の誕生と19世紀写真」(洋泉社)カバ帯200円
ボブズボウム他編「創られた伝統」(紀伊國屋書店)カバ800円
写真の本は会場で、「創られた伝統」は青展のワゴンで。ボブズボウムのこれも今更だが、買うとなると妙に高かったのでまあこれくらいならば。
ということで、寝不足の体を引きずってチラリと靖国通りのワゴンを覗いたきり、マンキツにしけ込んで仮眠、18時、今度は一路渋谷へと向かう。
****************************
三島由紀夫原作「オペラ・サド侯爵夫人」青山広志作曲・演出・指揮@渋谷区文化総合センター大和田伝承ホール。
10月26〜27日にかけて全3ステージ、キャスト2組日替わりでの上演の千秋楽に行ってきた。中ホールくらいの規模で、舞台下手に指揮者と小規模な楽隊。原作を20分の1に圧縮した台本だというが、原作の筋をうまく伝える台本、全三幕で幕間にも芝居があり、オペラとしてこうまとまるものかと思ったことであった。当日券狙いだったが、大入り満員でギリギリに入場出来た。幕間のトークで青島氏は、小学生の頃に同級生に現代思潮社社長の娘さんがいて、発禁で売れなくなったからといって同級生に「悪徳の栄え」を配ったそうで、それを辞書を引き引き読んだのがサドとの出会いだと語っておられたのが面白かった。会場ではスコアを先行販売しており、しっかりサインを入れてもらって購入した。

****************************
そして翌日は一路山中湖へ向かって出発。
10月30日(日)は、山中湖村三島由紀夫文学館にてレイクサロン。今回は岩下尚史さんをお迎えして「三島由紀夫の見た梨園花街」と題したトーク。ワタクシ、司会を仰せつかりましたが、岩下さんのユーモアを湛えながらも一筋知性の冴えるようなお話ぶりにあれよあれよとあっと言う間に終了。台風直前で数時間後には直撃かといわれていた時にもかかわらず多くの参加者を見たのは、岩下さんの人気のお陰であろう。