漁書日誌 3.0

はてなダイアリー廃止(201901)を受けてはてなブログに移設しました。

青展戦果・すずらん通り篇+初版本伝説

さて、土曜日より、すずらん通りでの出版社ブースが出る。各出版社がブースを出し、在庫分やら傷本のセールをするのである。古書ではプレミアムがついていたり、学術系でそもそも定価が高いものなどは、かなりお得価格で入手することも出来、実はこちらも前々から楽しみであった。でまあ、本当なら、朝一にいって、例えば人気の高い筑摩書房のブースを漁り、ワゴンに並べられている、今では品切れになっているものも含むところのちくま文庫、学芸文庫の半額放出を漁るなどすることも出来たろうが、まあそこまで興奮せず、ゆったり夕方赴いた。
まずは古書会館。十分ほど、幾つかの棚を見る。昨日は気づかなかった(あるいはなかった?)三島由紀夫の中国語訳本が数冊あったので、取り敢えず『愛的潮騒』という小説集を400円で購入。「愛の渇き」「潮騒」「美徳のよろめき」を収録していて、タイトルが「愛的潮騒」か…。
そのまま今度はお目当てのすずらん通りへ。まあ焦らず、まずは三省堂裏の喫煙所で一服してから、ザーッと各出版社のワゴンをはじからまわっていく。収穫は、以下。

バハオーフェン母権制序説」(ちくま学芸文庫)カバ帯600円
中山昭彦他編著「機械=身体のポリティーク」(青弓社ライブラリー)カバ800円
川村邦光編著「憑依の近代とポリティクス」(青弓社日本学叢書)カバ1500円
雑誌「美術手帖」(02.9)特集・マシュー・バーニー100円
岩本憲児「幻灯の世紀」(森話社)カバ帯1800円
エニック「ゴッホはなぜゴッホになったか」(藤原書店)カバ1000円
母権制序説」は、昨年ここで逃してしまい買えなかった品切れ本なので嬉しい。相変わらず筑摩は全ブース中で一番の混雑。全品半額だったが、ゾッキ印あり。青弓社は、二冊同時に買ったので、それぞれ表記の価格だったが300円おまけの合わせて2000円にしてくれた。ありがたい。他のものも、実は安く探していた本だったので嬉しい。工作舎平凡社でも欲しいものはあったが、半額といっても二千円以上しちゃうので今回はパス。平凡社は昨年よい思いをしているので期待していたのだが。でもまあ、明日は最終日なので夕方いけば投げ売りしているかもなあ。

*****************************
その後、予約していた限定本を受け取りに行く。


川島幸希「初版本伝説」(人魚書房)限定カバ頒価5000円
告知から数ヶ月、ようよう出来上がった。限定50部、そのうち25部ずつ表紙カバーのデザイン、口絵及び収録文に違いがあり、なおかつ、頒布はその中から30部のみ。これは表紙デザインが横組みのつや消し銀箔捺で清方の挿絵に関する文章収録だが、もうひとつが、金箔捺の縦組み表紙で、英朋挿絵に関する文章を収録。これが二種の内訳。頒布30部が15部ずつなのかは不明。というか立派な本だのに限定数がごく少ない。元パラつきなので、元パラつけたままパラを巻かないと。そしてこれに、著者自筆署名・宛名の予約案内葉書を挟めば、完本(笑)