漁書日誌 3.0

はてなダイアリー廃止(201901)を受けてはてなブログに移設しました。

雑本堀りの五反田

今日初日の古書展は、久しぶりの五反田散歩展とぐろりや会。神保町と五反田どちらをとくれば、まずは五反田を選ぶ。事実毎回そうだというわけではないのだが、五反田は雑本が多くて面白いというイメージがあるからだ。暑いのか寒いのかといわれれば、日中は…

十月でもTシャツ

十月初旬だというのに、長袖シャツでは汗をかく。朝夕はいくぶん涼しくなったとはいえ、昼は暑い。月曜日、仕事を終えて図書館に立ちより、23時近くに帰宅してみると扶桑書房の目録が届いていた。東京朝日新聞の連載切り抜き特集があり、谷崎作品のなかで一…

和洋会開場

少し歩くとあせがふきでるような暑さはあるものの。日差しはすでに秋のそれである。9月一杯の緊急事態宣言で、五反田など(高円寺を除いて)軒並み古書展は会場販売中止となっているが、解除目前にして和洋会が販売を開始。五反田も和洋会も目録注文していた…

図録と告知

中原中也記念館に注文していた図録が届いた。 「書物の在る処—中也詩集とブックデザイン」新品定価 28ページの冊子だが、中也自体、「山羊の歌」「在りし日の歌」にランボオ翻訳3冊しかないのでそれは致し方ないところではあるけれども、関連で秋朱之介やら…

夏の終末の古書

扶桑書房目録が来た。いまやっている原稿用に資料や先行研究系の本などを買わなくてはならず、なかなか予算的にもキツイところであったが、2点注文。それが届いた。 菊池幽芳「乳姉妹 前篇」(春陽堂)明治38年3月10日8版裸 「乳姉妹 後篇」(春陽堂)明治38…

真夏の古書

台風接近で風雨が続いている。台風が来る直前に、目録で注文した古書が届いた。扶桑書房目録速報である。今回は、上下とか上中下とかある明治末〜大正初年の多色刷木版口絵入り家庭小説本で、揃えてから出そうと思ったが結局揃わなかったので出したという本…

つなわたり古書展

今年ももうこんな季節かと、つまり池袋三省堂古書まつりである。以前は、デパート展といえば、新宿伊勢丹、新宿京王、渋谷東急なんかが春夏とあって、一時期は朝イチで駆けつけたものである。もう渋谷東急もなくなってしまい、デパート展という範疇に入るか…

五反田復活

五反田遊古会も久しぶりである。感染者数も連日千人越え、五輪も始まるという流れで、しかし、和洋会、五反田遊古会と開催するという。久しぶりでもあり、まずは五反田を見てから神保町に出るかということで家を出る。 とはいえ、結局南部古書会館に到着した…

梅雨明けの趣味展

久々の趣味展開催である。何ヶ月ぶりか。目録注文品もあったし、なによりも場を楽しみにしていた。 しかし、である。ここ数日は都内新規コロナ患者が連日1000人超え、ギリギリ滑り込めるかアウトかという心配もあった。また、客の半数以上を占めるであろう後…

帰って来た古書展

本部会館での古書展は、すでに先週の新興展があったわけだが、今日のぐろりや会古書展はようやく通常営業の2日間開催。特に注文品があったわけではないが、所用で都内に出たので向かう。 目録送って来た封筒を出して検温、消毒のあと入場。ザーッと見て行く…

1日のみの古書展

6月18日金曜日、1日のみ本部古書会館で新興展古書展が開催されるとのことで、夕方行ってみた。緊急事態宣言以降、もう数ヶ月本部古書会館では古書展をやっておらず、ほんとうに久しぶりである。 もちろん新興展であるので6割方は和本なのだが、それでもこう…

5月の雪

学校も新学期が始まったが、コロナを巡る状況は相も変わらずどころかまた緊急事態宣言という状況となり、古書展へ足を運ぶ機会も少なくなってきたように思う。宣言以後、あれこれも趣味展まで会場中止。しかしまあ、考えようによっては、それで少し助かった…

窓から散歩

仕事が始まってバタバタとしているうちにあっと言う間に1週間経過してしまい、ここ2週間のものを記します。 先週の木曜深夜、アレ明日は窓展じゃないのと気がつき、ドロドロの寝不足で向かったのだが、あきつ書店とかみはる書房とかは出ていないということを…

古書ほがい

コロナ第4波来るのかというところで、またぞろ緊急事態宣言が出てしまうとへたをしたら見られなくなってしまうかもと、今週は文学展ふたつに赴いた。 ひとつが、さいたま文学館で開催中の「江戸川乱歩と猟奇耽異」展である。本来は1月16日からであったのが2…

和洋会

和洋会古書展。入口にいまだとユニクロとかスーパーとかに設置してある顔をカメラに向けると体温を測定するアレが設置してある。古書展によって有人で手に当てて体温測定する場合もあるが、これは古書会館の備品ではなくそれぞれの会のものなのだろう。 で、…

花粉舞う趣味展

趣味展の初日である。ようよう暖かくなってきたが、薬で抑えているものの花粉の飛翔もすごい。 開場15分前くらいに到着してみると、整理券番号47番であった。開場時間前に入口が開き、一人ずつ体温測定、手消毒、封筒ない人は住所氏名電話記入という流れ作業…

我楽他宗+池袋三省堂古本まつり

3月5日、多摩美まで赴いた。武蔵美はかつて学生の頃に図書館でやっていた展覧会を観に行ったことがあるが、多摩美は初めてである。それというのも「我楽他宗——民芸とモダンデザイナーの集まり」展を見るためにである。翌日が最終日だというし、来場者のみに…

対談【小村雪岱の装幀本を探して】

3月11日木曜日、今日は日比谷図書文化館で開催中の「複製芸術家小村雪岱」の関連イベント対談「小村雪岱の装丁本を探して」に出演するためにお昼過ぎに日比谷に。ゲストとしてわたしを招いてくれたのは本展の監修者である真田幸治君。拙著を装幀してくれた装…

【告知】「小村雪岱の装幀本を探して」出演します

現在、日比谷図書文化館で開催中の「複製芸術家 小村雪岱 装幀と挿絵に見る二つの精華」の関連講座として開催されるトーク「小村雪岱の装幀本を探して」に出ます。 お相手は、この展覧会の監修者(出品物は全て本人のコレクション)であり、拙著『谷崎潤一郎…

忙殺2月

相変わらず緊急事態宣下中であり、古書展はなかなか開催されない。無駄にお金を使わないことはよいことではある。が、そもそも2月頭は採点で猛烈に忙しく、締切に遅れている原稿などもあり気の休まる暇も無い。 というところに来たのが扶桑書房目録。 泉鏡花…

ガラクタからスパン

ここのところ古書展が立て続けに中止されているなかで、昨日今日の我楽多市展は開催。久しぶりということで、行ってきた。 塚本邦雄・寺山修司「火と水の対話」(新書館)初版凾300円 平野啓一郎「ある男」(文芸春秋)初版カバ帯署名500円 フロベール/庄司…

趣味展中止と日比谷の雪岱展

趣味展、五反田遊古会とここにきて立て続けに古書展が中止となった。もちろん、第2回の緊急事態宣言を受けてのものである。といって、たとえば高円寺の西部会館での均一祭なんかは開催されてはいるが。しかし現在のところ奇跡的に?古書会館での罹患者という…

コロナ禍の古書展

いままでコロナ関係で実は一度も中止ということがなかった東京古書会館での古書展であるが、緊急事態宣言を受けてか、とうとう趣味展が会場販売中止というアナウンスが出た。続いて五反田遊古会古書展も。で、愛書会はそのままやるという。 金曜日は国会図書…

師走の古書

土曜日、所用で神保町に出る。扶桑事務所に向かう。棚からひょいと抜き出した『独歩集第二』、そこまで酷くはないのに300円は安いなあとみてみると、奥付欠。しかしまあ安いしと抱え、それから『漱石文集』重版も。ということで2冊を購入。 国木田独歩『独歩…

クリスマスの古書

クリスマスの古書といっても、たまたま注文していた古書がクリスマスの当日に届いたという話である。学校仕事は一段落したが、原稿仕事が終わらない。終わらないというよりも仕事納めまでには是非入稿しなければと年末気分もクリスマス気分もない。 で、先日…

師走初旬の古書

所用で神保町に出た。いまは古書会館で新興展をやっているのだが、立ち寄る暇がなく。ただし、扶桑事務所には行けたので、そこで少々購入。 永井荷風「紅茶の後」(籾山書店)大正元年8月25日第3版凾欠美800円 長田幹彦「零落」(現代名作集)大正4年2月22日…

窓に届かず桃花村

土曜日。 今年度は後期から金曜日午後に仕事が入ったので、基本は古書展に行けない状態。趣味展はさすがに行くがいろいろと体力的に無理がたたる。で、窓展初日だが諦め、土曜日に行こうと考えていた。しかしながら寝不足がたたっていたのかなかなか起きられ…

テレビと古書と

本日は五反田遊古会と和洋会古書展、どちらにも赴こうと思っていた。が、なんやかやで結局神保町出でるのは諦め、五反田に向かう。本日は土曜であって閉場は17時なのである。 五反田、検温してから入場。まずはガレージ。細かく見て行けばなかなか面白そうな…

要注意終末の趣味展

ここのところ都内感染者が連日500名越えということである。久しぶりの趣味展も、もしかしたら人数が少ないかもしれなと思っていた。仕事上、いろいろとリスクもある。それでもまあ、と、開場20分くらい前に古書会館に到着してみると、整理券を配布してみな外…

青展のない年の均一など

さて、三島関連とは別にここのところの購入古書について書いておきたい。まずはネットオークションから。 菊池寛「啓吉物語」(玄文社)大正13年2月18日5版凾痛300円 ベーメ「感覚学としての美学」(勁草書房)カバ2310円 菊池寛のは芥川龍之介題字、装幀意…