漁書日誌 3.0

はてなダイアリー廃止(201901)を受けてはてなブログに移設しました。

窓展

五反田と窓

五反田展会場の南部古書会館に到着したのが16時半ごろだったか。まずはザッと一階の外を見て回る。尾崎士郎の献呈署名本が100円であったが、あまりにボロボロだったので拾わず(そもそも背がボロボロで何の本かわからなかったので棚から抜き取ったのだ)。文…

小雨けぶる窓展

小雨降るなか、16時半前に古書会館到着。注文品は無し。本当は、後版だけれども、ボール紙本の「高橋阿伝夜叉譚」7000円というのが欲しかったのだが、とてもじゃないがそんな経済事情ではなかった。明治名著全集版でもよいのだが、お伝はそのうち欲しいなあ…

初版本+古書+まど展

おとついだったか、いつもはたいしてめくりもしない某古書店の目録、チラチラ近代文学の所を見ていたら、何故か佐藤春夫がズラリと出ていて、そこに、「病める薔薇」重版凾付3670円というのがあった。おお、重版とはいえ凾付きは欲しい! ということで早速フ…

まど展ほか

本日は窓展初日。 といっても注文品はない。今日は、いつもと違ってけっこう早めに会場に到着。といっても、17時だが。 で、丸々一時間ほど見て、買ったものは、これ。 相も変わらず安いものばかり。千円以上のものはなし。 独歩「武蔵野」(大鐙閣)大正6年…